不妊原因の30~40%を占める卵管障害とは?


左右1本ずつある卵管。
1本でも詰まっていると妊娠できないの?

卵管障害

精子や受精卵の通り道である卵管が詰まっていたり、せまくなっている場合を『卵管障害』といいます。
ある報告によると“全不妊原因の約30~40%を占める”といわれるほど、不妊治療に重要な障害となっています。

精子は、卵巣から排卵された卵子と出会うため、膣→子宮→卵管へと進んでいきます。
そして卵管の端の方にある卵管膨大部で、卵子と出会って受精します。
その後、再び卵管を通って子宮に移動し、子宮内膜に着床するのです。

このように卵管は精子と卵子が出会うために、重要な働きをしてくれています。
もしこの卵管が閉じてしまったら…。
卵子と精子は出会えないので妊娠できません。

卵管障害の主な原因

卵管に障害が起こる原因として、主に次の3つがあります。

  1. クラミジアなどの感染による卵管炎や腹膜炎
  2. お腹の手術による卵管周囲の癒着
  3. 子宮内膜症による癒着

卵管は鉛筆の芯くらいにとても細く、なんらかの原因で炎症が起こると詰まってしまったり、せまくなったりしてしまいます。

卵管障害の検査

卵管障害の診断には、『子宮卵管造影検査』をおこないます。(“■主な検査”参照)
ほかにも、水や空気を通して子宮の詰まりをチェックする『通水・通気検査』もあります。

卵管が少し狭くなっていた場合、これらの検査によって卵管が広がるという治療効果も期待できます。

子宮内膜症や腹腔内癒着、原因不明不妊の際に適用される『腹腔鏡検査』。
全身麻酔をかけてへそのあたりから小さな内視鏡を骨盤の中に差し込み、子宮や卵管、卵巣などを直接観察する検査です。
卵管の開口部である卵管采の異常は、子宮卵管造影検査では発見が難しく、この腹腔鏡検査の際などに発見されることもあります

卵管障害の治療法

卵管は左右に1本ずつあります。
片方の卵管が詰まっていても、もう一方が健全なら妊娠は可能です。
タイミング法でしばらく様子を見ることが多いようです。(タイミング法については“■検査や薬なしで排卵日を予測できるタイミング法で妊娠確率アップ”参照)
ただ、片方の卵管だけでは妊娠率が下がるので、排卵誘発剤を使用して妊娠率を上げることがあります。

両方の卵管が完全に詰まっていたり、卵管障害以外の不妊原因も重複しているなど、一般不妊治療では妊娠が難しいと判断されたときは、体外受精へ進むこともあります。
体外受精は、もともとこのような卵管障害の治療を目的として開発されました。
体外受精では卵管を必要としないので、卵管が閉塞している場合には非常に有効です。(体外受精については“■妊娠の可能性を広げた体外受精のメリットやデメリット”参照)

他にも、卵管鏡や顕微鏡手術(マイクロサージェリー)、卵管形成術を用いることもあります。

  • 卵管鏡は、細いカテーテルを膣から卵管に挿入し、卵管の内腔を押し広げて閉塞部を通す手術です。
    卵管は通るようになるのですが、再び閉塞してしまうこともあります。
  • 顕微鏡手術(マイクロサージェリー)はかなり有効な手段でしたが、体外受精が行われるようになってからはほとんど行われなくなってきています。
  • 卵管采が癒着してしまうと卵管水腫が形成されることがあります。
    これは卵管采が閉じてしまい、膿みや水がたまった状態で、ソーセージのように卵管が膨れてしまうのです。
    この影響で、卵管采とつながる卵管膨大部が詰まってしまったり、せまくなってしまいます。
    卵管采が卵子を取り込めなくなるので、卵管形成術を行って、卵管膨大部を押し広げます。
    ただし、年齢的に余裕がない場合は体外受精に進むことが多いようです。

 

病院の方針にもよりますが、卵管障害があると体外受精へ進む場合が多くなっています。
しかし体外受精や顕微授精にはそれなりにリスクがあります。
お医者さんやパートナーとよく話し合って、治療法を選択されることをおススメします。
(体外受精や顕微授精のリスクについては“■生殖補助医療などの不妊治療のリスク”参照)

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、不妊への効果が医学的に証明されている不妊鍼灸が受けられます。

医学的証明についてはこちらをタップしてご覧ください↓↓
スタンダードな治療法

料金や当院の紹介はこちらをタップしてご覧ください↓↓
みやもと鍼灸整骨院の不妊鍼灸・料金

不妊ってなに?
アクセス・駐車場
患者様の声
お問い合わせ・Q&A