子宮内膜症が不妊に与える影響


もしあなたが晩婚だったと思うなら。
妊娠できない原因は年齢だけではないのかも知れません。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、不妊期間の長い女性の3割は抱えているといわれるほど、不妊症と密接な関係にある病気。

子宮内膜症といっても、子宮の病気ではありません。
子宮の内側をおおっている子宮内膜が、なんらかの原因で子宮以外の場所で発育してしまう病気です

子宮内膜症の原因は?

子宮内膜症の原因はハッキリとはわかっていません。
しかし20代から30代の女性を中心に増えているので、ライフスタイルの変化との関連が指摘されています。

ライフスタイルの変化とは“晩婚化”のこと。
子宮内膜症は生理を繰り返すたびに悪化します。
しばらく生理がなくなると病巣部は委縮し、軽いものであれば治ってしまいます。
ところが近年、結婚年齢が高くなっているため、妊娠や出産で生理が止まることがないまま、年齢を重ねる女性が増えています。
これが子宮内膜を増加させている原因と推測されています

子宮内膜症と不妊症

子宮内膜症は子宮以外の場所で月経と同じように出血します。
つまり、子宮以外の場所であっても、生理のときに内膜がはがれ落ちて生理のように出血します。
これを繰り返しているうちに病巣部が大きくなり、出血した場所が周囲の組織と癒着を起こして不妊の原因になります。
例えば、卵管に子宮内膜症が起こると、卵管が癒着してしまい卵管障害になります。(“■卵管障害”参照)

子宮内膜症は卵巣、卵管、腹膜、直腸、膀胱などによく起こります。
特に多いのが卵巣です。

卵巣に子宮内膜症が起こると、生理のたびに卵巣で出血するようになります。
卵巣内に血液がたまってしまい、チョコレートのようにドロドロとした古い血液の入った嚢腫(のうしゅ)ができてしまいます。
これを『チョコレート嚢腫』(チョコレート嚢胞・のうほう)といいます。
このような状態になると卵巣本来の働きをすることが難しくなり、排卵障害を起こします。(“■排卵障害”参照)

他にも、着床障害が起こりやすくなる『子宮腺筋症』など、子宮内膜症をきっかけとした不妊の原因はたくさんあります

子宮内膜症の検査

症状として多いのは生理痛です。
生理痛がひどくなってきたので病院を受診してみたら、子宮内膜症だったというケースもよくあります。
他にも腰痛や下腹の痛み、トイレのときの痛み、性交時の痛みなどが起こるようになります。

子宮内膜症があるかどうかの正確な判断は、腹腔鏡検査で病巣部を確認します。
しかし内診や超音波検査でも診断が可能になるケースもあります。
卵巣がんの時に高値になる血液中のCA125という成分が、子宮内膜症でも高い値を示すのも特徴的です。
(超音波検査などについては“■主な検査”参照

子宮内膜症の治療法

チョコレート嚢腫の場合、以前は卵巣を摘出する治療が一般的でした。
しかし現在は、卵巣嚢腫のみを摘出する温存法が一般的となってきました。
ただ、腹腔鏡で卵巣嚢腫を取り除くことによって妊娠の可能性が高まることはありますが、術後に再発することもあります。
また、手術によって新たな癒着が起こることもあります。
さらにチョコレート嚢腫を切除するときに、どうしても卵巣の正常な部分を一部削り取ることになります。
これによって体外受精にステップアップしたときに、採れる卵子の数が少なくなることもあります。
このため、手術をするかどうかは子宮内膜症の程度や年齢、不妊期間などを総合的に検討する必要があります。

最近では温存法のひとつとして、エタノール注入法を用いることもあります。
膣から卵巣に向って針を刺して卵巣内に溜まった古い血液を吸引します。
その際、代わりにエタノールを注入して卵巣の膜を固定する方法です。
ただし、チョコレート嚢腫に針が届く範囲でしか行えません。

子宮内膜症の状態がそれほどひどくない場合には、GnRH剤やピルなどを使い、排卵を止めたり閉経状態を作り出します。
子宮内膜症組織を委縮させ、症状を緩和させるためです。
どの薬も4~6ヶ月程度使用します。
生理が戻るまでの6~8ヶ月は排卵は抑えられるので、妊娠できないことになります。
年齢が高い女性の場合はこの期間で確実に妊娠する力は落ちることになります。
そのため、体外受精などの高度医療に早めに進むことが多くなってきています。(体外受精は“■妊娠の可能性を広げた体外受精のメリットやデメリット”をご覧ください)

 

原因がわからないだけに防ぎにくい『子宮内膜症』。
妊娠を考えているなら、月経痛が以前よりひどくなってきたら早めに病院で検査を受けましょう。
早めの治療が大切です。

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、不妊への効果が医学的に証明されている不妊鍼灸が受けられます。

医学的証明についてはこちらをタップしてご覧ください↓↓
スタンダードな治療法

料金や当院の紹介はこちらをタップしてご覧ください↓↓
みやもと鍼灸整骨院の不妊鍼灸・料金

不妊ってなに?
アクセス・駐車場
患者様の声
お問い合わせ・Q&A