不妊治療に使用される主なお薬


不妊治療のお薬

不妊治療のゴールは、出産ですよね。
そのために、排卵から着床までスムーズに進むよう様々な手段があります。
そのひとつの選択肢に薬があります。

  • 排卵がうまくいくようにする薬
  • 子宮内膜の状態をよくする薬
  • 体外受精のときに排卵をコントロールする薬

などなど。

不妊クリニックのお医者さんは、薬を使用するときはきちんと説明してくれます。
しかし中には、説明をあまりしてくれないお医者さんもいます。。。
自分が今どんな不妊治療をしていて、そのためにどういう目的を持ったお薬を使っているかを知ることは、納得して治療を進めるためにとても重要です

排卵誘発剤

卵胞を育てたり、排卵を促す排卵誘発剤。
無排卵や、排卵がうまくいかないなどの排卵障害に使用します。

最初は作用がおだやかな飲み薬を使用し、期待した効果が見られない場合は強い作用効果のある注射剤を使用します。

人工授精や体外受精などを行う際にも用いられます。
一度にたくさんの卵胞を育てて妊娠率を上昇させるためです。

  1. 飲み薬…脳に卵胞を育てるように働きかける薬。
    クロミフェン製剤であるフェミロンや、シクロフェニル製剤であるセキソビットなど。
  2. 注射剤…卵胞を育てるように直接卵巣を刺激する薬。
    hmg製剤であるバーゴグリーンやヒュメゴン、FSH製剤であるフェルティノームPなど。
  3. 注射剤…こちらは排卵を促すように直接卵巣を刺激する薬。
    hcg製剤であるHCGなど

卵胞ホルモン剤

卵胞ホルモン(エストロゲン)によって、子宮内膜は受精卵が着床しやすい状態になります。
卵胞ホルモンの分泌が不足している場合に、補充のために使用するのがこのお薬。
子宮内膜の状態を整えるお薬になります。

こちらは貼り薬もあります。
下腹や腰に貼って、皮膚から成分を吸収させます。

  1. 飲み薬…結合型エストロゲン製剤であるプレマリンなど。
  2. 貼り薬…エストラジオール製剤であるエストラダームTTSなど

黄体ホルモン剤

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、受精卵の着床や妊娠の継続に欠かせない重要なホルモンです。
この黄体ホルモンの分泌が十分でない場合に、補充のために使用するのがこの黄体ホルモン剤です。

また、体外受精などでは、排卵誘発のために黄体化ホルモンの分泌を抑える薬が使用されます。
しかしそのままでは着床がうまくいかないので、あとから黄体ホルモン剤を補充します。

注射剤は薬によって作用の持続期間が違い、状態によって使い分けられます。
膣坐薬(ちつざやく)は、膣から成分を吸収させます。

  1. 飲み薬…ジドロゲステロン製剤であるデュファストンや、酢酸クロルマジノン製剤であるルトラールなど。
  2. 注射剤…プロゲステロン製剤であるプロゲホルモンや、カプロン酸ヒドロキシプロゲステロン製剤であるプロゲストンデボーSなど。
  3. 膣坐薬…プロゲステロン製剤であるプロゲステロン膣坐薬など

卵胞・黄体ホルモン製剤

ひとことでいうと、卵巣を休憩させるお薬。

以前は避妊薬として使用されていました。
この薬を2~3周期にわたって使用することで、無排卵状態をつくります。
結果として卵巣を一時休憩させることになります。
これによって、薬をやめたときにいい状態の卵胞ができる可能性が高まります。

  1. 飲み薬…エチニルエストラジオール・ノルゲストレル製剤であるドオルトンなど

GnRH剤(LHサージ抑制剤)

排卵をコントロールします。

GnRH剤はもともと子宮内膜症の治療薬です。
閉経状態をつくり、月経のたびに悪化する子宮内膜症の病巣を消滅させる目的で使用されます。
(子宮内膜症の治療については“■子宮内膜症の治療法”をタップしてご覧ください)

それとは別に、LH(黄体化ホルモン)を抑えて排卵が起こらないようにする働きが注目され、体外受精などで排卵をコントロールしたいときに使用されるようになりました。

注射剤と点鼻剤があり、状況によって使い分けられます。

  1. 注射剤…酢酸リュープロレリン製剤であるリュープリンや、セトロタイドなど。
    セトロタイドは日本では未発売の薬ですが、評価が高いため、各病院で輸入して使用することが多いようです。
  2. 点鼻剤…酢酸ナファレリン製剤であるナサニールや、酢酸ブセレリン製剤であるスプレキュアなど

副腎皮質ホルモン剤

3回続けて流産を繰り返す場合を『不育症』と呼びます。
その不育症の人の流産防止に使用されるのが、この副腎皮質ホルモン剤です。
抗核抗体などの抗体を抑える働きもあります。

  1. 飲み薬…プレドニゾロン製剤であるプレドニンなど。

 

 

不妊治療に使用されるお薬の効果や副作用を理解することはとても大切だと思います。
服用中に気になることがあったら、電話でもいいのでお医者さんにすみやかに相談しましょう。

 

 

京都の長岡京市・向日市のみやもと鍼灸整骨院では、不妊への効果が医学的に証明されている不妊鍼灸が受けられます。

医学的証明についてはこちらをタップしてご覧ください↓↓
スタンダードな治療法

料金や当院の紹介はこちらをタップしてご覧ください↓↓
みやもと鍼灸整骨院の不妊鍼灸・料金

不妊ってなに?
アクセス・駐車場
患者様の声
お問い合わせ・Q&A